本文へ移動

活動報告

活動報告

加藤厚生労働大臣の不信任決議案について

2018-05-25
働き方改革法案の調査データに大量の誤りが発見されましたが、提出されて法案には高度プロフェッショナル制度が残されたままであり、残業代ゼロの長時間労働を助長する懸念もあり、過労死を促進する可能性もある法案でもあり、強行採決は断じて許されないなどの理由で、本日、不信任が野党合同で出されました。
僕は賛成しましたが、数の力で否決されました。
 
 
 
 
TOPへ戻る