本文へ移動

活動報告

活動報告

本日の代議士会にて

2018-05-31
働き方改革法案の本会議決議を前に、法案の労働時間規制、同一労働同一賃金の方向性は賛同ですが、高度プロフェッショナル制度は、労働時間と賃金の関係が切れた制度で、対象者は残業や深夜・休日労働をしても割増賃金が払われなくなるため反対の対応になりました。
採決は、残念ながら与党多数で可決でした。
 
 
 
 
TOPへ戻る