本文へ移動

活動報告

活動報告

党の新型コロナワクチン接種PTです

2021-04-07
チェックNEW
内閣官房と厚労省からヒアリングを行いました。
4月2日の時点で、医療従事者の91万人に1回目のワクチン接種が、2万6千人に2回目のワクチン接種が終わったと報告があり、各自治体の準備状況について、3月17日時点の調査では、97%の自治体で高齢者向けの集団接種会場が確保され、83%の自治体で接種券の発送開始日が確定しているとのことでした。ワクチン接種を受けることで健康被害が出た場合、申請を出してもらい、厚生労働大臣が認定をしたときに市町村から給付を受けるという形で、この間4~12か月程度。
今の段階で国は6月末まで高齢者約3600万人分の自治体へのワクチン配分を完了する見込みと言っていますが、それ以降の状況が見えず、全体像を示すように要請をしました。
 
 
 
 
TOPへ戻る