本文へ移動

活動報告

活動報告

日本の産業政策を考える議連です

2021-06-15
チェックNEW
日本の産業はデジタル化、グリーン化など多くの点で遅れをとっています。経産省から半導体・デジタル産業戦略についてヒアリングを行いました。
1988年には日本の半導体の世界シェアは50.3%でした。その後日米半導体協定による貿易規制からアメリカに抜かれ、台湾、韓国が国家戦略として半導体の製造を行うことで、現在日本の世界シェアは10%とまで落ち込み、このままでは2030年には日本の半導体製造がなくなると想定されます。一方で日本の半導体の工場は世界で一番多く、優秀な技術者もいるので、古くなった工場を改修し、外国企業と共同生産をすることで再生をしたいとのことでした。
日本が遅れてしまった産業の復活が大事です、これからも、しっかりと進めて参ります。


 
 
 
 
TOPへ戻る