本文へ移動

活動報告

活動報告

党の農林水産相部会です

2021-09-15
チェックNEW
米の需要は年間10万トン減り続け、更にコロナによる外食の減少で厳しくなっています。またJAが生産者に先払いする生産者概算金が大幅に下がり、多くのコメ農家がこれ以上続けられないと声が上がっています。自民党政権で減反政策が無くなり、農業も市場原理に晒され、僕達が指摘してきた米価の下落が現実になっています。コロナで厳しいのは農業者の皆さんも同じであり、政府に対し、備蓄米の枠を拡充し米をレトルトパックにして経済的に困窮している方々や災害時、海外援助に使えるようにすること、農業個別所得補償制度を復活することを緊急要望致します。
 
 
 
 
TOPへ戻る